福井の食

発酵卵rocca

曼珠沙華

今ではシルバーウィークと、一括りで言われるようになってきた秋の連休中、

今年も真っ赤な花を見かけた。

 

彼岸花4

 

 

秋分の日を迎えるころ、きまってこの赤い花を目にする

 

『彼岸花』 ・ 『曼珠沙華』いろんな呼び名があって、秋を感じる風景

 

 

彼岸花

 

 

お彼岸は、年に2回 “ 春彼岸” と “ 秋彼岸 ” があって、「お彼岸にお墓参り」という

文化は、仏教徒が多い他の国と比べても日本だけの独特の風習。

お彼岸の中日である春分の日の意味が「自然をたたえ、生物をいつくしむ」

秋分の日が「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」という意味をもち、昔から

先祖崇拝や豊作に感謝してきた日本らしい文化が影響していると思える風習。

 

 

彼岸花1

 

彼岸という言葉は、サンスクリット語の「パーラミター」の漢訳「到彼岸」の略

 

また、彼岸花の名は秋の彼岸ごろから開花することに由来する。
別の説には、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、というものもある。
別名の曼珠沙華は、法華経などの仏典に由来する。

(仏教においては、お彼岸の時期に真西へ沈む夕陽の向こう側にある

此岸・浄土の先祖を偲び、夕陽に拝み供養する仏事) 

 

 

彼岸1

 

 

 

異名が多く、死人花(しびとばな)・地獄花(じごくばな)・幽霊花(ゆうれいばな)

剃刀花(かみそりばな)・狐花(きつねばな)・捨子花(すてごばな)・はっかけばばあと呼んで、

日本では不吉であると忌み嫌われることもある。

反対に「赤い花・天上の花」の意味で、めでたい兆しとされることもある。   〜 Webより 〜

 

 

幼いころ、鮮やかすぎるこの赤色と細い曲線が綺麗な花に魅せられ

家に持ち帰り飾ろうとしたら・・・祖母に 「 この花は家の中に持ち込んでは
いけないよ!昔から、火事になると言われているのだよ。外に出しなさい。」
そんな風に言われたのを思い出します。
ダメと言われると、なおさら惹かれる “(-“”-)”・・・・・。そんな気になる花♪

 

調べていて知ったこと ( ..)φメモメモ

お彼岸の期間は、秋分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間

そして、今日は2015年の彼岸明け。

沢山のことを教えてくれた祖母を偲び、まだ行けていないお墓参りに行こうかな・・・。
花言葉にちなんで “ また逢う日を楽しみに ”

 

彼岸

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ろっかの卵

販売元 フィールドデザインプロジェクト

〒918-8055 福井県福井市若杉4丁目918  TEL & FAX:0776-65-9439

Copyright © 2015 Field Design Project all rights reserved.